ニキビ肌は必ず治るので諦めないで

中学生の頃から20歳くらいまでニキビが多く、おでこや口まわりには吹き出物が沢山出来て、コンプレックスで隠す為にファンデーションを厚塗りする作業を繰り返して、お肌にとても負担を掛けていたことを、当時の自分に教えてあげたかったなと後悔しています。

母はあまり、美容に関心が無く、いつも素顔でいたので、思春期の頃悩んでいても聞ける人が近くにいませんでした。自分なりに色々試しますが、一向に良くならず、ますます酷くなるひびでした。

それが、ストレスでチョコなどの甘いお菓子を一気に一袋食べて悪化させることも度々ありました。そんな時、初めての彼氏が出来て、幸せな日々が続く中で、素顔を見てみたいと言われて、このままでは嫌われてしまうと思い、皮膚科に行くことを決意しました。

男の人に素顔を見せた事がなく、抵抗がありましたが、そこの皮膚科の先生は、優しくて、私の酷いニキビだらけの顔を丁寧に原因やどうしたら跡が残らないように治せるか事細かく説明してくれました。病院からいただいたお薬、摂りすぎを注意の食べ物を教えていただきそこからわたしの脱ニキビ生活が始まりました。

病院のお薬が白ニキビと赤ニキビ使い分けて塗るお薬とビタミン剤を併用して見る見るうちに減少しました。3か月も経つ頃にはすっかり無くなり、薄化粧でも自分の肌に自信を持てるようになりました。

彼氏にも素顔を見せる事に抵抗が無くなりました。30代になった今でもニキビ知らずの肌をキープしています。悩んでいた時に出会った皮膚科の先生に今でも感謝しています。
1人で悩んでいても、自分の力に限界があるので、相談できる人や専門の先生がいれば一日も早く相談してみる事をお勧めします。

私もこんなに良くなるならもっと早く病院に行けば良かったと思います。
若いうちのニキビは、大人よりも早く治すことが出来るので同じように悩んでいる人はぜひ参考になれば良いなと思います。

コメントを残す